« 大混戦のJリーグ | トップページ | 白旗の少女とACL »

サッカーボールと田中達也

最近サッカーボールの縫い目の形が気になりだして

色々調べてみたところ意味がわかりました

20060612_83439

1960年前後、アルキメデスの多面体の法則を利用して

六角形20枚と五角形12枚を組み合わせたボールがヨーロッパで普及しました

当時、モノクロのTV放送が始まったこともあり

白や茶色では見えにくいということで白黒に色分けされた

亀甲型のボールにデザインされました そしてアディダスが

テルスター(白黒)ボールと名付けたらしいです

しかし今ではTV画像もきれいになり多面体は基本のままで

デザインも随分色々なものがありますね 2010WRカップは

どんなデザインだろーか ちなみに天皇杯は桜のマークです

C5b7b9c4c7d588b5e5_view

浦和レッズの田中達也が怪我から5ヵ月のブランクを経て

最近ピッチに出だした 彼のドリブルのキレは衰えていなかった

レッズの浮上のためには彼の活躍が残り試合を左右するだろう

彼は帝京高校出身でその当時からドリブルは凄い物を持って

いましたが 監督から「そのレベルのドリブルではレギュラーは無理」

といわれ周りの選手と自分の能力の差に絶望したと語るScr0811132123009p2

体も非常に小柄であったため、何か突出したスキルを身に付けようと

日々ドリブルの練習に励んで2年時にレギュラーを獲得した

また代表に戻ってほしいですね

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村ポチッとよろしく

こちらも・・・

« 大混戦のJリーグ | トップページ | 白旗の少女とACL »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーボールと田中達也:

« 大混戦のJリーグ | トップページ | 白旗の少女とACL »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ