« 元Jリーガー京谷和幸 | トップページ | イチロー大記録 »

川崎VS鹿島中止と芝のグラウンド

9月12日(土)川崎VS鹿島の首位攻防戦

2007123001

1-3で残り29分でノーゲームという結果でした

川崎は選手もファンも信じられないと落胆した

しかし中止は間違っていなかったように思う

ただ今のJFAでは明確な規約が無いのだろうか?

今度の15日に再試合か残り29分を戦うのか

理事会で決めるらしい 個人的にはヨーロッパや

南米はどうなのか?という事を基準に考えて欲しい

それこそが世界基準ではないだろうか

Pitch

先日、芝のグラウンドでの少年サッカーを見ていた

やはりもっと芝のグラウンドでサッカーをやれる環境が

日本も沢山出来ればと思う今は公式戦の決勝トーナメント

もしくは大きなカップ戦の決勝トーナメントだけで もっと

少年時代から芝に触れる環境があればサッカーは

子供達の技術の成長につながるように思う

サッカー協会もまた行政も考えて欲しいものです

芝のグラウンドでプレーしている少年たちはイキイキと

してました。 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村ポチッとよろしく

こちらも・・・

« 元Jリーガー京谷和幸 | トップページ | イチロー大記録 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

確かにもっと自由に使える芝のグランドが増えてほしいですよね
転んでも痛くないと子どもたちは,もっと力を発揮するそうです。芝で50m走を計測すると,土の場合より1秒ほど速くなったというデータもあるそうです。
使えても芝の管理上,時間を制限されているグランドも多いです
ジュニアがいくら使ってもほとんど傷まないんですけどねぇ・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎VS鹿島中止と芝のグラウンド:

« 元Jリーガー京谷和幸 | トップページ | イチロー大記録 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ