« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

侍JAPANへ

侍JAPAN様へ

お疲れ様でした そして有難うございました

感動と夢と希望という素晴らしい戦いを我々に与えてくれました

スポーツは人に感動や勇気を与えられる事が改めて感じた戦いでした

この大舞台で日本が世界を相手に戦った姿はこれからの

日本サッカー界に大きな自信と新たな目標を明確にしたものでした

胸を張って日本に帰ってきてください

国民は温かい拍手と歓声で皆さんを迎えてくれるでしょう

有難う侍JAPAN・・・・感動を有難う

Photo_2

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

サッカー日本代表の感動の戦いを祝い

すべての商品を送料無料にします

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

あと2時間前

いよいよパラグアイ戦まであと2時間前となりました

今仕事が終わりブログ更新して帰宅します

まずは家に帰ったら体を風呂で清めて神棚に勝利をお願いして

軽い食事をします いつもなら風呂から上がり次第 晩酌でしたが

本日は試合終了の後にします 選手が大きな期待を背負いながら

戦う姿を思うとなんとなく酒は後の楽しみにしておこう

私のシュミレーションは出来ましたのでそろそろ帰ります

Abc

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

最後にNAC日本代表オフィシャル商品ですが

時計シリーズ 有田焼シリーズがいよいよ少量となりました

家具以外のこのシリーズはサッカーショップのKAMO様と

我々NACショップでほとんど販売してきましたが おかげで多くのお客様から

ご購入いただき嬉しく感謝しています

このシリーズは追加生産を予定していません

当初からワールドカップ終了までの予定で生産しました

必ずプレミア商品となるものと思います

これからNACは4年後の日本代表シリーズを開発していきます

どうぞ残り少ないですがお早目のご注文を待っています

それでは歓喜のブログ更新を期待して帰ります

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

鯉の洗い

6月27日の日曜日は久々に一日休養しました

最近は休みなしで仕事をしていたので家で一日過ごすのは

もったいなく しかし外は梅雨の雨・・・・・

そこで思いついたのが佐賀の小城町にある

清水の鯉料理でも食べに行こうと友達を誘い出しました

ハンドルキーパーも来てもらい 準備OK いざ出発

この小城町には清水の鯉料理店が20件ぐらいあり

休みの日には沢山の人で賑わっています 

Dscf7604

この量で二人前なんです スゴイ量ですが

これくらいはアットいう間になくなります

あっさりして 甘味があり淡白なんですよ

これにご飯 と鯉こくで一人2500円なり

イヤーたまに食べると旨いですねー

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

夢の続きを見せてくれSAMURAIジャパン

本日は日本中が大フィーバーした早朝だった

多くのサッカー専門家も驚きの決勝トーナメント進出

最大の要因は代表の心が一つになった

本田も 遠藤も輝いたが すべての選手が必死だった

川島のPKで一度ははじいたボールをトマソンが押し込んだ時の

川島のこぶしでグランドを何度も叩く姿はチームの象徴だった

WRカップ前に岡田監督は試行錯誤しながら決心した戦術と

チームを一丸とさせた手腕は日本や世界を驚かせた

娘さんからの手紙を回想すると胸が熱くなります

岡田監督はサッカーというスポーツは「日本人にむいている」と

以前コメントしていたが それは団体競技の持つチームワーク

そのことだったのでしょう 日本は物作り世界一といわれています

今 日本代表は新たな代表チームという物作りをしている

進化する代表は南米のパラグアイ戦に挑みます

中島みゆきのプロジェクトXのテーマソング「地上の星」が

聞こえてきそうな快進撃だ

夢の続きはまだ続く頑張れSAMURAIジャパン

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

予選最終章の巻日本VSオランダ

大会前はあれほどムードが下がっていた日本のファンも

今はあの時のナーバステンションからハイテンションのピーク

しかし今夜がすべてだ 早寝早起きといきましょう

戦術は過去二試合と同じだろうが メンバーチェンジのタイミング

そして選手起用には岡田マジックを期待したい

彼らの勝利への意識や信頼関係は日々成長している日本代表です

ここにきてもう何もいう事はない ただ南アフリカで戦う選手を

遠い日本より皆さんで応援しましょう 頑張れ日本

ここでコマーシャルをはさみます

おかげでNACの商品在庫が手薄になってきました

特に有田焼きシリーズは在庫小量です

現在の在庫で再生産の予定は暫らく考えていません

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

デンマーク戦は勝利して 選手達が世界の強豪チームから沢山オファーがきて欲しいものです それはこれからの日本サッカーの未来が大きく成長する鍵です

野球の野茂やイチロー 松井の活躍で日本でもメジャーリーグが

テレビで放映されるようになりました サッカーも海外で活躍できる選手が生まれれば

必ずメディアも日本人が海外サッカーで活躍するプレーを放映してくれるだろう

そんな日が早く来るのを楽しみにしたい

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

迫り来る決戦の舞台

遂に決戦の舞台は目の前に来た

多くの強豪チームが苦戦する中 あのフランスが予選敗退

しかも最下位なんて信じられない

チーム内紛が勃発して崩れてしまい舵を失った船のようになり

最後は嵐の中で遭難した感じだった エースのアンリも輝きを失っていました

いかに素晴らしい選手が集まっても信頼関係が成り立たないと

チームは機能しない事がフランスをみてすごく感じられます

監督は選手を選べるが 選手は監督を選べない

そんな中 岡田JAPANは見事に選手を生き返らせた

失いかけた自信は蘇り 監督と選手に一つの絆が生まれた感じがする

全てはデンマーク戦に託された 

日韓WRの時には和歌山がキャンプ地だった 

監督はその時の監督と同じで FWのトマソンはその時のエースだった

またいつか紹介しますが トマソンと体の不自由な少年の話は

心打たれるものでした 和歌山のキャンプ地だった地元の人は

今でもデンマークファンで いかにデンマーク人が素晴らしいか

よく知っているそうです ワールドカップの素晴らしさは

そんなとこにもありますね 

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

全日本少年サッカーと口蹄疫

34回全日本少年サッカー大会も各地区で代表が決まりつつあります

ワールドカップが終わると全国大会が始まる予定です

今年は初出場チームが多く 各地区でもレベルが均衡しているみたいです

そんな中で宮崎の大会が口蹄疫問題で中止になった事は残念です

宮崎のサッカー少年の事を考えるとなんとも励ましの言葉がみつからない

勿論 畜産農家の方々はより深刻な問題に直面されています

私も少しながら募金をさせてもらいました

少年サッカーの子供達はさぞ悔しかっただろう

当たり前のようにサッカーが出来る喜びや目標を失う事は

幼い少年達の事を思うと心が痛みます

勿論サッカーだけではなく多くのスポーツが中止になり

全国の夢を閉ざされている

まだまだ終息しないこの問題はいつまで続くのだろうか・・・

ワールドカップで浮かれる中にもこういう大きな問題を忘れてはならない

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

岡田監督への娘の手紙

酷評され続けた岡田監督が今は誰も何も言わない

先日 新聞やTVで紹介された岡田監督への娘の手紙には

胸が熱くなり目頭が熱くなりました

皆さんも知っていらっしゃるだろうが もし知らなかった方は読んでください

南アフリカの父へ

お父さん 元気ですか

ごはん ちゃんと食べてますか? ちゃんと眠れてますか?

お父さんが岡田監督として難しい顔している姿 

毎日テレビで見ています。

たいへんな時が続きますね。

私には想像もつかないようなプレッシャーと闘っているお父さん。

お父さんらしいとおもいました

お父さんが誰よりも真剣に サッカーを考えていること。

サッカーを愛していること。

そして 覚悟を持って仕事をしていること。

私は知ってます。だから信じてます。

今日はいよいよオランダ戦ですね。

南アフリカのお父さんに 私たち家族ができることは少ないけれど

精一杯 応援しています。

いつもありがとう。

お父さんは 私の誇りです。

娘より

以上が娘さんからの手紙です

やはりこの手紙の内容がすべてを物語っています

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

日本代表プロジェクトX

今サッカー日本代表に何かが起きている

それは岡田監督を始めとするチーム全体に一つの光が見えている

チームがどん底から這い上がるまでに一つのドラマが生まれそうだ

その主役は岡田監督なのかコーチなのか川口なのか俊輔なのか

闘莉王なのか本田なのかわからないがチームは進化しているというより

個の力がチームの勝利の為に固まりだした

お互いを尊重し監督を信頼して何の疑いもなく前に進もうとしている

これまでの敗戦から何が足らないのかがつかめているのだろう

こういう状態の時は何かが起きる

本日のオランダ戦は確実に日本は勝ち点3を取りに来るシステムと

攻撃を仕掛けてくる プロジェクトXが起きている予感がする

今夜は日本中が大フィーバーする記念すべき夜を迎えたい

昨今 暗いニュースの多い日本だがサッカーで国民が少しでも

元気になり明るい話題が欲しいものです

スポーツはみんなを元気にする力がある

世界を驚かせてくれ日本代表

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

夢の舞台ワールドカップ

岡田監督の批判もカメルーンの勝利でひとまずは収まった

このブログを通じて一言書きたかった事があります

それは多くのサッカーファンが監督批判 選手批判を

色々な所でコメントしている

特に選手批判は正直 気分が良くない

彼らの多くは幼い少年時代から各カテゴリーの代表に選ばれた

いわいるエリートなんです サッカー選手としてほんの一つまみの

人間なんです そして国民の期待や周りの重圧を背負いながら

あの夢の舞台に立ったわけです

選手批判や監督批判はその道のプロがやればいい

勿論ファンとしても好きな選手や好みではない選手がいます

それは私も同じですが そんな選手もここまで来るには

並大抵の努力ではなかったはずだ

我々はそんな彼らの思いを感じながら心から応援しなければならない

そして岡田監督が理想とするサッカーがこの数試合で世界レベルに

届かない事を確信したのでしょう

その決断は「正直すべての責任は俺がとる」ということだったでしょう

勿論まだ予選を突破したわけではないが

大切な事は決断と実行だろう

彼らの そして我々の夢の舞台をそういう視点から応援しましょう

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

JFAオフィシャル商品

ここをクリックすると御覧になれます                  

侍JAPAN夢の続きを見せてくれ

皆さんも本当に嬉しかったでしょう

私は久々の日本のゴールと勝利に素直に嬉しかった

長い間忘れていた感動でした

この勝利は今の代表に一番欠けていた自信という物を手にした

試合内容は正直驚いたというのが本音です

なれない戦術やポジションをこの数日で形にして来た事は

やはり日本人の起用さと順応性の表れだろう

岡田監督はオランダ戦もこの戦術やこのメンバーで挑むだろう

ここ数試合で失点を重ねた事で彼はある面ギャンブルにでた

というより 今までの戦術では勝てない確信を得たのだろう

多くのファンからの批判を受けながらも彼は決断したのでしょう

そこには彼の決断と勇気が必要でした

しかし負ければ彼は多くの国民から大きな批判を浴びる

勝負の世界はそういうものだろう

しかし真価が問われるのはオランダ戦でしょう

オランダの個の力を連携したデフェンスでどれだけ潰せるか

また攻撃にどれだけ早く切り替えれるのか

オランダ戦はより体力が消耗される

岡田監督の選手の交代時期が大きなポイントだろう

しかし長谷部はこの試合で最高のパフォーマンスを見せた

彼の攻守は今回の勝利の一番の立役者でした

ゲームプランを理解した彼の貢献こそが大きかったですね

そして長友とエトーのマッチアップも長友のエトーに対する

自分の役目を理解しながらのプレーでした

このチームのモチベーションを維持する事が出来れば

オランダ戦も勝ち点3は夢ではない

侍JAPANよ夢の続きを見せてくれ

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いします

こちらも・・・

日本代表を信じましょう

遂に決戦の時が来た

C6fccbdcc2e5c9bd08bfb7a5e2a5c7a5ebb

今まで代表選手や岡田監督批判は皆さんもあるだろうが

ここまで来たらもう選手や監督を信じるしかない

彼らは大きな荷物を背負いながら戦場に向かいます

全ては日本国民の希望の為に戦うはずです

潔く純粋に応援しましょう

それこそが唯一我々サポーターの出来ることです

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いしますcopyright

こちらも・・・copyright

ベアスタで挑戦

本日はサガン鳥栖 VS FC栃木の試合会場ベアスタで

NAC商品販売です 始めてのスタジアム販売です

いつも展示会はオッサンの私が販売してますが

今回は イケメンと若い美女軍団で乗り込みます

また多くの友人も販売応援に駆けつけてくれます

ほんとに感謝しています 

初めてNACの日本代表商品を見られる方も多いので

どんな反響か気になるところです

ワールドカップも開幕していいムードなんですが

いまいち日本代表の評価が下がりぎみ・・・・・・・

しかし 必ず神風を信じて応援するしかありません

なぜなら我々は日本人ですから

ではいざ出陣 ファイトー~~~~~オウ

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いしますcopyright

こちらも・・・copyright

全国少年サッカーとWRカップ

全国少年サッカーも各地で熱戦が繰り広げられている

今年はどんなドラマが待っているのか楽しみです

すでに切符を手にしたチームもあるみたいですね

WRカップ 高校インターハイ 全国少年サッカー 大学トーナメント

サッカーファンの私としては全て関心がありますね

ところで岡田監督がまだまだ迷走しているみたいで

トップに本田起用も考えているみたいですね

そうなると前線は右に俊輔 左に松井なのか

それとも岡崎と本田の2トップなのか

得点力不足は今始まったことではないが

やはり日本は多くの強豪国と早くから沢山の試合を重ねなければならない

そして海外で活躍できる選手を多く生まなければならない

それも若い年代の選手を世界に送り出さなければならない

世界で身につくのは技術ではなくメンタルだと思う

これこそが将来の日本サッカーの未来ではないだろうか

プロサッカーを目指すなら少年達もジュニアーユースも

そしてユースも高校生も大学生もそうだろう

プロ=世界 これこそが日本サッカーの将来ではないだろうか

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いしますcopyright

こちらも・・・copyright

TV取材

昨日突然一本の電話がありました

ナント某テレビ局のディレクターからでした

我々のNAC商品の取材の申し込みというか

「興味があるのでお会いして話しを聞きたい」との事でした

今から1時間後にそちらに行きたいとの事で慌てましたが

1時間後にディレクターが到着されました

地方のTVですが番組内容が新しい事に挑戦されている

また今までになかなかお目にかかれない物などを中心に番組構成されてある観たいでした

Abc

我々の商品はWRカップ直前でしかも室内インテリアグッズ

つまり家具とサッカーというコラボレーションがおもしろく

大変興味を示されていました また日本代表のロゴの貼り付け方法や

前面に使用されている強化ガラスの加工やガラスに塗装する技術など

色々な事を工場で見られ写真を撮られていました

2時間程の取材ですごく感銘されていました

今から局内に帰り検討して会議で討議されるらしく

すごく楽しみにしています 決まれば改めてロケに来ますとの事でした

皆さんまた結果報告をします

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いしますcopyright

こちらも・・・copyright

戦う集団になれるのか

昨夜中田ヒデと本田の対談をTVで観てました

ヒデの言葉には感銘する事が沢山ありましたね

「技術レベルは世界で十分通用するのに試合になると

練習の成果が出ないのはメンタルがすべてなんだと」

ドイツ大会も同じで戦う集団になれなかった・・・・・・・

いかに世界で戦うにはメンタルが強くなければ力が発揮できないか

そんなことをコメントしてました

今回も一番感じることですね 今の代表は良かったり悪かったり

そんな試合内容がメンタル面の弱さを感じるところです

選手の目標意識がどのレベルで一つになっているのか気になるところです

アフリカ勢は貧困な状態の中からアフリカンドリームを夢見て

そして南米 欧州はサッカーの伝統とプライドにすべてをかけて

では日本は何があるのか・・・・・・・・・

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いしますcopyright

こちらも・・・copyright

ボールも人も動くサッカー?

正直今回のコートジボアール戦はショックだった

その一つはドログバの骨折でWRカップ欠場

彼のプレーをWRカップでサッカーファンとしてみたかった

怪物FWのスゴイ迫力は楽しみにしていたのですが・・・

そして日本のサッカーの内容ですが

確かに相手はカメルーンより上のチームであるが

前回のイングランド戦とは別チームみたいになっていました

一見 大学生と中学生の試合みたいに見えてきました

デカイ相手に恐怖心を抱きながらプレーしているみたいで

「人もボールも動かないサッカー」でした

失う物は何もないのに怪我する事でも怖がっていたのでしょうか?

後半メンバーが交代してなんとなく中盤でボールがまわせる感じでしたが

それは相手が引いていたからです

こういう相手に「使える選手と使えない選手が明確になった」と

岡田監督はコメントしているが 果たしてカメルーン戦は

今回のスタメンで挑むのか?

人もボールも動くサッカーは出来るのか?

しかし私は日本代表を応援する

ガンバレ日本

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いしますcopyright

こちらも・・・copyright

W杯直前

あと10日と迫ったWRカップ 4年に一度の祭典というより

世界戦争というのが正しい感じですね

岡田JAPANはここにきて随分悩んでいるのがよくわかります

確かに彼も一見クールだが やはりそこは人間である以上

仕方のないことでしょう しかしマスコミやファンはブーイングの嵐

岡田監督は最後まで悩み苦しむのでしょう

監督業はそういうものかもしれません ある面気の毒にさえ思います

ただはっきりしているのは彼が選手の状態を一番知っている

だからもう岡田監督を信じるしかない

多くの不安や不満を背負い込みながら彼は戦っているのでしょう

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いしますcopyright

こちらも・・・copyright

中村俊輔にエールを送る

今回のWRカップの先発から控えにまわりそうな感じになってきた

中村俊輔はマスコミやファンの評価も下がってきている

全盛期の切れやキック精度もないと酷評されている

本田か中村かと比較されがちだが 本来はまったく違ったタイプのプレーヤーであることを思い起こして欲しい 

Photo

本田は確かにフィジカルやキック力は素晴らしいが

俊輔のような一瞬にして急所を突くパスや一瞬にして相手を抜き去る技術はない

なぜ本田と俊輔が比較されなければならないのかと考える

FKの得意な二人のイメージが比較の対象に見えてくるのだろう

韓国戦は確かに怪我の影響もあり彼本来の姿ではなかった

彼は決して力が衰えている訳ではない

彼の怪我も回復してきて 何とかスタメンで本来の姿を見せて欲しい

世界を一番知っている彼は必ず結果を出すだろう

連携さえ機能すれば彼の持つ攻撃力は代表の大きな力になる

コートジボアール戦で先発を期待したい

そして「少年達の憧れのスターである事をみせてくれ」とエールを送りたい

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いしますcopyright

こちらも・・・copyright

サッカーは哲学

サッカーというスポーツはなぜ燃えるのか

それは攻守の連続である事もそうだが

このスポーツほど色々な面で複雑な物はない

システムも4-4-2 3-5-2 4-1ー4-1

他にも沢山バリエーションがあります そして選手起用内容

そして多くのファンがそれぞれの意見や選手起用に考え方が違います

だからこそサッカーは深いのです

今回の代表に対しても監督批判 メンバー内容 戦術

先発選手内容 すべてそれぞれの人の考えは違います

それは少年サッカーも同じです

沢山の不満を感じながら観戦するのもサッカーなのです

そこには絶対という答えがないのですから・・・・

サッカーに熱くなるのもそれ故なのでしょう

サッカー理論は哲学的なものがあり知れば知るほどはまってしまいます

サッカーファンと話すと時間も忘れてしまい時には意見の衝突もあります

しかし答えがないのもサッカーなんですね

p>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村私のブログは皆様の応援で成り立っています 賛同された方はクリックお願いしますcopyright

こちらも・・・copyright

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ