« 愛犬の病気 | トップページ | 島田紳介 賞味期限その2 »

選手 指導者の賞味期限

物事には何でも『賞味期限』がある

こう語っていたのは、明石家さんまや島田紳助など、

大物お笑いタレントを世に輩出している

吉本興業の元常務取締役・木村政雄さん。

「常識は賞味期限付きの価値観だ」という発想は面白かった

「常識」というのは世の中の規範になるように考えられているが

決して普遍的なものではない。


その時代その時代の為政者や有識者、マスコミ

あるいは大衆が作り出しているものに過ぎない

だから賞味期限がある。

木村さんが言うには、人間の賞味期限は

新しいことに挑戦しようとする意欲がなくなる時だそうだ。


「それは俺がやることではない」

「前例がないからできない」

「うちの社風になじまない」

そんなことを言い出したら

その人はそろそろ賞味期限が来ているなぁと思っていい。

そう考えると サッカーの指導者や選手も賞味期限があるんですね

選手や指導者が新な事に挑戦しているか否か

ちなみに私は社会人として賞味期限が来てるのか否か

来てそうで 来てないかも いや、まだまだ来てない

来るはずがない 来ないでくれ~

p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村ランキングに参加してます皆さんの1クリックが私の励みになりますよろしくお願いします

« 愛犬の病気 | トップページ | 島田紳介 賞味期限その2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

幸恵ママ コメント有難う
いつまでも若い人は、やはりいろんな事に挑戦されてますね
そして失敗を失敗と考えず 大きな経験とヒントに更なる挑戦をされてます
幸恵ママもその一人だと感じてます 尊敬してますよ
ちなみに 先日の栄養セミナーに参加出来なくてごめんなさい
日曜の夜に家族(3人)で食事会の約束があったもんですみません
高2の息子も久々の日曜日が練習休みでしたので・・・
そして ママの愛犬レオが亡くなったのですね
犬を飼うことは それなりに覚悟をしなければなりませんね
ちなみに コナンはあまり元気がありません(散歩も喜んで行かなくて)
只 彼の好物の缶詰のフードや固形のフードをふかしてやると
喜んで食べてます(口の腫瘍が気になりながら・・・)
このタイトルでブログを書いたら二人の息子から電話がありました
愛犬も家族という感じです

ウッチーパパさん

いつまでもチャレンジャーであれ!! と言うことですね。

コナンの具合いは、いかがですか。  我が家にもミクとレオ、2匹の犬がいたのですが、昨年の秋口にレオが、なくなりました。  夏の暑さが響いたのかなぁ~ 12才でした。 
ミクとレオが、じゃれ合う様子がとても愛らしかったのですが・・・  

この記事へのコメントは終了しました。

« 愛犬の病気 | トップページ | 島田紳介 賞味期限その2 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ