« 女子W杯の行方 | トップページ | なでしこJAPANに学ぶ事 »

女子W杯VS米国の行方

スェーデンを撃破していよいよ決勝です

3-1は快勝だったが 本来の日本のサッカーの思惑とは違った

勿論 早いパス回し 運動量は申し分なかった

しかし得点は 相手を崩して得点したものではなく

まさかの パワープレーの中での競り合いの得点でした

川澄のロングシュートはオマケと考えた方が正しい

米国相手になると このパワープレーはリスクが高い

日本本来の早いパス回し 連動したプレス

そして 相手を翻弄するスピードある運動量

鮫島のサイドからの上がりで 攻撃の数や 選択肢を増やす

プレスは最前線からかけて欲しい 前線の交代選手は十分揃っている

才能ある日本女子サッカーが世界を驚かせるぞ

悲劇の東日本に最高の贈り物をして欲しい

復興への大きな力になると感じます

   優勝のおまじないクリック

         

p>>p>p>p>にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村ランキングに参加してます皆さんの1クリックが私の励みになりますよろしくお願いしますcopyright

« 女子W杯の行方 | トップページ | なでしこJAPANに学ぶ事 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女子W杯の行方 | トップページ | なでしこJAPANに学ぶ事 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ