« 「息子達のサッカーが終わった」の心 その1 | トップページ | トレセn »

「涙のゴールの心だ」 その2

前回の続編です

双子の息子達もいよいよ、中学になる前の、ジュニアー時代の最後の招待試合で

私の心に、少し変化が生まれる出来事がありました。

6年生だけで24名いたチームでした。その中のK君は1年生からチームに入っていたが

6年生までの公式戦は一度も、出番がありませんでした。

その子の、お父さんは若くして亡くなられ、

お母さん一人で二人の子供を育てられていました

6年生の長男K君は、とても明るく、チームメイトからも好かれていました。

お母さんは、仕事の合間を縫ってでも、公式戦 練習試合 地域の大会も

応援に来られていました。練習試合や地域の大会には 時々途中からFWとして

出番が回って、お母さんは両手を握り締めながら、息子のプレーだけを

追い続けられていました。 とても優しいお母さんでした。

しかし6年間で一度もゴールはありませんでした。

ジュニアー時代でサッカーを辞める事も、本人は決めていたそうです

そして、最後の招待試合で、監督がK君を先発FWとして起用しました。

完全なワントップ状態のシステムだった事をよく覚えています。

試合では、何度も決定的な場面を外し0-0のまま後半残り5分の時でした

相手キーパーがゴールキックをミスして、FWのK君の足元にボールが・・・

彼はドリブルもせず、思いきって振り抜いた右足のボールは

キーパーの頭をフワリと越して、ジュニアー時代の最初で最後のゴールとなりました

チームメイトはみんな駆け寄り、手荒い祝福をしてくれました。

そして彼が、お母さんの方を見て両手を上げて喜んでる姿を、よく覚えています。

私は、近くにいたお母さんの方を見たら、・・・・・・・・・

両手を顔に当てて、ボロボロ涙を流されて 傍にいた他のお母さんたちが

「やったね すごかったね」と、もらい泣きしていた光景を忘れる事は出来ません。

私は、自分の子供が今までにゴールしてきた喜びと

K君のゴールは親として全く違うものでした

私は、その時、親の思いと子供の思いは違うのではないか?

K君がゴールした時、お母さんの姿を探す姿を見て

そんな事を感じた瞬間でもありました。

そして中学サッカーになって、自分の考え方が一変する事が起きました。

続編は次回になります。 「アホな自分に目覚めます」

> にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村ランキングに参加してます皆さんの1クリックが私の励みになりますよろしくお願いしますcopyright

« 「息子達のサッカーが終わった」の心 その1 | トップページ | トレセn »

少年サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「息子達のサッカーが終わった」の心 その1 | トップページ | トレセn »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ